こんなに使えるケータリング

人が集まるところにはケータリング

人気を集めているケータリングですが、皆さんさまざまな利用方法で楽しんでいるようです。
ケータリング業者のほうでも販路を拡大するために
利用者の希望になるべく応えようと努力をしています。
最初の頃は、花見の場所に届けてくれるほうが稀でした。
住所が決まっている建物だから届けられるのであって、
どこに届けたらよいのか分からない屋外などに届けられるわけがないという姿勢だったのです。
ケータリング業者にとっては、料理を配達する時間についてもコストになってしまいます。
時間はなるべくなら少ないほうが、コストがかかりません。
ところが、スマートフォンのGPSで場所を通知することで
外出先でもより正確な場所を知ることが出来るようになりました。
これなら広い公園であってもほぼピンポイントでお届けすることが可能です。
また、親しい仲間と船釣りに行く時に
いつもケータリングを利用している方と話したことがあるのですが、面白い利用方法だと思いました。
ケータリングを使う前までは、
コンビニで調達したオカズを持ち込んでいたそうなのですが、
あまり美味しくなかったようです。

あることがキッカケでケータリングを利用してからは、
釣りの目的よりも、お昼時間のケータリングパーティーのほうが楽しみになったと言っていました。
ケータリングはおいしい食事をどこでもいつでも提供することができるサービス。
利用者によって使い方は無限大に広がります。
今までケータリングを使ったことがない方は、ぜひ一度利用されてみてはいかがでしょうか?

ケータリングでホームパーティー

日本でもホームパーティーを楽しむ方が増えてきているようです。
ホームパーティーというと、
手作りの料理でおもてなしをするというのが当たり前のスタイルでした。
ところが最近、料理はケータリングで調達する
ホームパーティーが盛んになっているのはご存知でしょうか?
 

 

手料理は確かに美味しいのですが、
呼ばれた方にとっても、主催の方にとっても手料理はかなりの精神的・経済的負担でした。
参加者にとっては、料理を食べきらないといけないプレッシャーが大変です。
せっかく手作りしてくれた料理を残すわけにはいきませんし、
あまり好きではない料理でも美味しいと言わなければならないこともあるでしょう。
呼ぶ方としても、参加者に満足してもらうために多めに料理を作ってしまったり、
作ることに追われて仲間との楽しいお喋りの時間がなかったり。
呼ばれる方にとっても、呼ぶ方にとっても便利なのがケータリングサービスなのです。
人数分の料理をオーダーするだけでいいですし、
呼ばれた方も余計な気を遣う必要がありません。
便利で気を遣わないといっても、
肝心の料理が美味しくなければケータリングを利用しようとは思いませんよね。
最近のケータリングは、
一昔前の仕出し料理とは比べ物にならないほど美味しいのです。
一流レストランで修行を重ねたシェフが腕を振るっている業者や、
高級レストランでしか味わうことが出来ないような

厳選素材を使ったケータリングも登場してきています。
ホームパーティーというと手料理、
といった常識は今後なくなっていくかもしれませんね。

更新履歴